あ  け  び
       
平成21年4月11日 平成22年4月10日 平成22年5月15日

カウンター

家にある数本のアケビの木に花が咲きました。
実が出来るには、違う種類の木が必要です。
そこで、五つ葉と三つ葉の二種類のアケビの木を植えて数年が経ちました。
ようやく昨年、アケビの実が数個できました。
今年は、実がいくつできるでしょうか。

楽しみです。
学名 Akebia quinata (木通)
Akebia trifoliata (三葉(みつば)木通)
           Akebia : アケビ属 (日本名「アケビ」)
  quinata : 五枚の小葉の
trifoliata : 三枚の葉の


・      「あけび」という名前は、実が熟して割れたさまが、人の「あくび」 に似ていることから
「あけび」に変化してできたらしいです。
また、実は熟してくるとぱっくり口をあけたように 裂けることから、
「開け実」→「あけび」になった、 という説もあります。
白い中身は食べられます。
つるの部分は利尿作用があり、漢字の「木通」は、
「小水が通じるつるの木」からきているらしいです。

                                      「季節の花 300」より